レジ袋のサイズ選びのコツとは

レジ袋には様々なサイズがあり、どれを選べばいいのか分からない、という方は多いです。では、どのようなサイズを選べばいいのでしょうか。
まず、そもそも、レジ袋のサイズは号数によって指定されているのですが、これが、関東と関西で異なります。ですから、関東と関西では、選ぶための基準も、微妙に異なることとなります。
レジ袋で最も小さいサイズは、3Sとも呼ばれ、500mLのペットボトルが入る程度の大きさです。想像すると分かりやすいです。
次に小さいのがSSで、1Lのペットボトルが入るくらい、次がSで、2Lが一本入るくらい、次がMで、2Lが二本入るくらい、次がLで、2Lが三本入るくらい、そして、そこからは2L、3Lと続き、それぞれ2Lが五本、六本入るくらいとなっています。
それぞれ想像すると、意外と簡単に分かります。迷ったなら、想像して、選びましょう。