竹皮とは

おにぎりをつつむといえば、ラップですが、昔は竹皮でつつんでいました。竹皮とは、時代劇でよく見るおにぎりをつつむのに用いられていました。

竹皮の原材料である竹は、水分をたくさんに吸いながらタケノコへと成長するため、殺菌防腐が鍵です。そのため竹の表面は石畳のような特殊なもので、通気性や撥水性が高い性質があります。外部からの細菌をさける役割や抗菌作用もあります。そのため、採れたての魚や肉なども包んでいました。

このような特徴があることから、竹皮でおにぎりをつつむことが習慣化しました。竹皮でおにぎりを包むのが最適だからです。

包んだときにおにぎりから発生する蒸気が抑えられ、通気性にも優れているため、長時間握りたてのを維持できるので重宝されていました。洗って再利用もできたので、利便性が高さが人気の理由でした。