ビニール袋の歴史とは?

スーパーマーケットでもらえたりするビニール袋ですが、何かといろいろなところでお見受けします。しかし、普段何気なく使用しているビニール袋に歴史を知っているでしょうか。
実は戦前などの古い時代からあるわけではなく、ビニール袋の登場は1970年代ころなのです。つまりまだ50年程度の若い歴史しかないのです。
紙袋などに比べると雨などの水も通さないので、傘袋などにも使用されています。前述のようにスーパーなどでは無料でもらうことも出来ます。強度も強く破れにくいのが特徴です。ビニール自体は1800年代からあるのですが、実用化されたのは、1900年代になってからです。昔からありそうなものですが、以外に歴史が浅いのです。