軟包装と米国内の地域差について

パウチ入のドレッシングやマヨネーズを手に入れるなら、アマゾンで頼んだほうが手っ取り早いのがアメリカの現状です。フロリダとシアトルを拠点に活動している人によると、フロリダはまだまだ旧態依然の品揃えだそうです。それに比べて西海岸の食品の棚には眼を見張るものがあるそうです。情報流通の食品容器として、硬質容器は長年その役割を担ってきました。その中でもガラス瓶は低落に歯止めがかからない状態です。ガラス瓶を愛する人々もいます。ニオイ移りがしないし、繰り返し使えるので、リサイクルをしたり、花瓶に使ったり、料理の保存容器に使うご家庭も多いと思います。飲料容器はガラス瓶の長い歴史がありました。そして金属缶、紙を主体にアルミ箔やポリエチレンを複合させた液体紙容器、プラスチック容器へと変わりガラス瓶は減りました。