フードロスと包装業界への期待

食品ロス削減に向けて、期待される包装技術も市民レベルでの活動があってこそといえます。活動の中に、包装に期待される技術が何もかも明らかになってくるのではないかと考えられています。持続可能な開発目標(SDGs)の特徴として、わかりやすさがあります。

誰もが人間らしく、安全に暮らせる社会と、豊な自然環境とを両立させるための行動指針との理解が進んでいます。包装にサステナビリティの概念を最初に持ち込んだのは、アメリカの大手ウォールマートです。サステナビリティは社会や環境に対する成果を求めなばら、経済的価値を生み出すためのビジネス戦略であるといえます。

日本も企業内で、事業内容とSDGs17個の目標や169個のターゲットの間での関連付けが始まっています。できるところから行動を起こそうというところが大切です。