世界の動きと包装の役割と新技術

食品ロス削減に向けた世界の動きと包装の役割と新技術を考えます。GoogleでSave Food、所品廃棄ロス削減、青果物鮮度保持と検索すると膨大なヒット件数を得ます。パッケージとの関連もかなりの量がヒットします。特に青果物鮮度保持では、パッケージを特定しない件数と特定した場合との間ではほとんど差がありません。青果物鮮度保持にはパッケージの発展が切っても切れないものといえます。食品履きロス削減における革新的な包装技術において、日本は他国に決して劣ってはいません。ただ、一方で、青果物鮮度保持では他の地域と比較して見劣るといえます。膨大な情報の中身を分析することが目的ではなくて、その中から重要と思われるものを取り出すことに狙いがあります。世界最大の国際包装展での取り組みや欧州の業界、米国業界の動向も見ていく必要があります。