プラスチック製品と向き合う生活のなかで

プラスチック製品による地球環境への汚染問題は、私たち個人の生活の中に様々な問題定義を投げかけております。2020年7月1日より全国的な規模でプラスチック製レジ袋の有料化などが始まりましたが、それ以前にも以後にも私たちの身の回りにはたくさんのプラスチック製品で溢れています。スーパーなどで食品を購入する際にも、様々な食品を保護するパッケージにはプラスチック製の包装が行われており、最近ではお菓子などの個包装に対してメーカー側に訴えを投げかける学生の姿などもメディアを通じて配信されております。プラスチックは大変安定した素材でもあり、簡単に安価な値段で手に入るものが多いことから、実際に私たちの暮らしの中からプラスチック製品を完全に排除することはすでに困難であるのではないかなどといったような状況のなかで私たちは日々過ごしております。そういった環境の中での個人レベルの生活改善として、どのような工夫を行うべきであるのでしょうか。SNS などを通じて世界中から寄せられるコメントや動画や画像の中には、海洋汚染や土壌汚染などによって苦しめられている野生動物の姿なども見受けられます。同じ地球上に生命を持つ私たちの暮らしが、多くの多様性をもった生物たちを苦しめているのであれば、人間が優位的に手に入れる快適で便利な生活を顧みなくてはならない分岐点にきているのかもしれません。