包装と生活様式の変化

江戸時代のシステムキッチンとしては、かまど、流し台、水がめがセットとして配置されていたようです。現代でも東京湾で獲れる魚たちは「江戸前」と言われますが、当時も東京湾で豊富な魚があがったようです。街には野菜や魚を売り歩く行商人で賑わい、豊富な食材が売り買いされていたようです。街中には屋台もあり現代におけるファーストフード店のような役割を果たしていたようです。江戸の人々の着物は自然界の素材からできており、木綿・絹・麻などを用途によって使い分けていたようです。戦後、人々の生活が西洋化されるまでは、人々の衣類は着物、バッグは風呂敷などでものを運ぶために包装していたようです。古くなった着物や風呂敷も、最後まで「ごみ」とはならずに、古着として取引されていたようです。