購入品のリサイクルルートを知ろう

産業革命以来、世界の諸国が人々の生活の利便性を求めるなかで地球上のエネルギー資源が大量に消費されることから、地球環境のバランスが大きく崩れはじめていると国際機関などでも懸念されはじめました.。また過去60年ほどの間に、地球環境のアンバランスな状態が加速することから国境を越えた、地球全体における自然環境のダメージが広がりをみせております。「酸性雨」「温暖化」「マイクロプラスチック問題」などは、自然の恵みでもある森林や海洋を汚染するとともに生物や人類の存在をも危ぶみはじめています。人々の生活空間を確保するなかでの都市開発が進み、莫大なエネルギー資源を消費するとともに、大量の廃棄物を排出されています。日本国内において先に開始されたプラスチック製レジ袋の有料化は、有限なる資源の枯渇問題を定義し、使い捨てとして廃棄される大量のプラスチック製品が海洋や土壌に与えている悪影響を、日常的かつ身近な問題として人々に喚起しております。