おしゃれなパッケージデザインを考える

おしゃれなパッケージデザインというのはニーズも幅広いといえます。配色はハッキリとしたものは避けたほうがいいでしょう。鮮やかな色合いを使うと、おしゃれな感じがなくなります。使うならば、小面積で激しく見えないようにしましょう。タイトルの文字と文字の間をあけるのも、おしゃれなイメージになります。おしゃれなイメージというものには現実的なものというのはいらないものです。商品を小さくしたり、斜めにしたりして、現実離れした表現をしてみると面白いものになります。可愛らしさもおしゃれなチラシデザインには取り入れていきたいものです。タイトルも文字との間を幅広にすると、全体に警戒感が生まれます。また、極端な大小の差がない写真を使って、全体にリズムが出るように配置していきましょう。おしゃれなイメージを出すために、タイトルの文字に一工夫欲しいところ。墨色よりもグレーにすると、紙面に軽快な感じがでてきます。また、緻密な文字組みでもおしゃれなイメージは作ることができます。小さな文字組みを控えめに組んでみると、おしゃれで上品なイメージを足すことができます。緑を使うと自然を表すことができます。素朴な感じに仕上げたいときは緑を入れるといいでしょう。緑というのは自然を象徴したものです。樹木や野菜の葉の色を表します。大地のエネルギーを表すことができます。食材をアップにするのも程よい強さを表すことができます。配色と情報量に気を配ると自然さを表すことができます。力強い文字組みも大事ですが、最も大事なのは、背景のグラデーションです。単純な切り抜きの食材写真を使ったりすると、カジュアルになりすぎます。自然のイメージをだすために、自然な感じを保ちましょう。