量販店向けの商品包装について

パッケージというのは人の目を引いたり、印象に残るものが理想だと思います。特に量販店など同じような商品が並んでいる中で、消費者に選んでもらわないといけないと思います。ひと目で印象に残るパッケージというのは、簡単にできるものではないそうです。長年の経験も必要だそうです。例えば老舗のど飴などは競合も多いもので、デザインを現代風にやり直すということもあるかと思います。そんなときに、大胆に商品のネーミングを取り外したり、キャッチフレーズを前面に出したりとシンプルで強い印象を放つパッケージにすることが重要になってくるそうです。そういった力強いコンセプトでコンビニやスーパーで長年人気の商品になっているそうです。パッケージデザインというのは厳しい世界だそうです。デザイナーのアシスタント業務から始まり、鉛筆も持たせてもらえないような下積み時代などがあるそうです。デザイン力を鍛えるというのも下積み時代に大切なことだそうです。量販店を主に活躍の場に選んでいるパッケージデザイナーもいるそうです。スーパーやコンビニに行くのが楽しみになったり、癒やしになったりすることがあるかと思います。そういった日常に溶け込む楽しさというのは、店頭に並ぶ商品たちを見る楽しさでもあるかと思います。何を買って帰ろうかなどと考えるのも楽しいのではないかと思います。そんな消費者の楽しみの一つのなるパッケージをデザインするのはやりがいがあるそうです。パッケージデザインというのは、アイディアの制作に時間を割いて、クライアントとも遠慮なく意見が言える関係にあるというのも大切だそうです。個性がないようであるのがパッケージなのだそうです。