プラスチック包装のあり方について

世界的コーヒーチェーンがワンウェイのストローに関して2020年までにするという発表をしたそうです。ストローを他の素材へ代替するということですが、その一つに、ストロー機能を持った蓋材は、チェーン店すべてのコールド飲料に適用するのだそうです。

米国、カナダを皮切りにして、日本を含むアジア各国も導入されるそうです。ストロー機能を持った蓋材というのは、要するにストロー無しの蓋ということですが、ホイップクリームなどをトッピングした商品には向いてないかと思います。そうした場合は、ストローを希望する人にのみ、紙や生分解性プラスチック素材の製品を提供するのだそうです。

現在、問題視されているマイクロプラスチックの原因だといわれているプラスチック包装ですが、これを使わないということで、環境に配慮する企業ということになっているそうです。こういうスタンスを示すということで、ストローだけでなくプラスチック製の透明カップも全廃されるのではないかと考えられているそうです。

また、トレー入りの冷凍食品の場合も、容器には環境に配慮した無漂白のECO紙トレーを採用しているそうです。

紙製品でありながら、モールド成型によって、プラスチック容器並みの仕切りを設けられるようになっているそうです。冷凍パスタやトレー入り米飯で、一部を除いて環境に配慮したPEFC紙を使ったプレス成形タイプの紙トレーを使用しているそうです。仕切りなどの複雑な形状が必要なものの場合は、トレーの強度を考慮してプラスチックトレーを使用しているそうです。

また、さらなる環境問題への貢献を目指して環境にも配慮した温かみのあるクラフト調の外観に仕上げているそうです。