スクイズボトルで包装して鮮度キープ

オイルの鮮度をキープするために、開封後も風味の維持ができるボトルが開発されたそうです。一般的にオリーブオイルというのは、辛味や苦味も美味しさの一部とされているそうです。食卓用としてこういったとろこを押さえて販売しているメーカーもあるそうです。日本の食卓に合うための風味を開発したそうです。それはとても繊細なものということで、なおさら光と熱、空気は大敵となるそうです。

これらを防ぐために、特に開封後の空気の介入を遮断する狙いがあるものをボトルとして採用したそうです。ソースのメーカーも新しい角度から商品を販売するようになったそうです。孤食化、高齢化ということで、200mlサイズを作ったそうです。液だれを防止するキャップとかスクイズ式で中身が抽出しやすい容器も特長だそうです。

ボトルをスクイズして液量の調整ができるというのが特徴だそうです。これだと必要な分だけ使えましすし、ボトルが軟らかくてボトルの径もスリムということで、手の弱い高齢者でも使いやすい設計になっているそうです。ラベルは従来品のイメージを踏襲してフルシュリンクラベルでより訴求力感を高めたデザインにしたそうです。

鮮度保持容器というのは、さまざまな調味料で採用されているそうです。調味料に対する消費者の鮮度に対する要求が高まっているそうです。そんなことに対応したり、ヒンジキャップをなくして使いやすくしたりしたそうです。

キャップのシュリンクラベルというのは、開けやすい、回すキャップの表記とともに、キャップを回す方向の矢印やカチッというオノマトべ表現を記載したそうです。新しいキャップの特長をわかりやすく消費者にイメージしてもらおうと工夫しているそうです。