管理人より

皆さんがコンビニで何か飲み物を買うとき、何を基準にして買うでしょうか?もちろん好きな味や決まったものという人もいるでしょうが、パッケージをみて決める人も多いのではないでしょうか。

これ以外にも、包装は私たちの生活に少なからず影響を与えるものとなっています。

包装といえども、多くの人が毎日欠かせないペットボトルやをはじめ、プラスチック材料もその種類に入ってくるのです。そしてこれはあまりに多く使われているため、世界的に考えていかなければならない問題のひとつでもあります。

世界的に問題になっている海洋プラスチックごみ。このことから世界的に風当たりが強くなりそうなのがPETボトルです。

反面、コーヒーの自動販売機やコンビニで、PETボトルに入ったコーヒー飲料も増えました。そこはやはり軽い、持ち運びやすいという利点に消費者の支持があるからだと思います。また、コーヒーの風味を保てるPETボトルの開発も続いていくと思われます。

包装というのは、製品を包んだり、サービスの説明や生産者の情報を伝えたり、流通をしやすくしたりと、研究も多岐に渡っています。開封前の蓋には商品の説明やイメージがよくなるような模様をつけたりといろんなデザインができます。印刷や箔押ししたり、封緘シールにも凝ることも可能です。写真共用アプリケーションの隆盛で、映えるデザインをするとともに、公式アカウントにアクセスしてもらったり、細かい情報を入れたQRコードを印字したりしています。

またウェブサイトでの通販のためにも、写真写りの良い包装にするのは当たり前になってきました。いろんな展開を積極的にすすめるためにも包装の見た目というのはこれからも最重要視されるものだといえます。パッケージデザインのコンペはいろんなブランド、いろいろな国から受賞しています。デザイナーとコピーライターのタッグで、包装紙を考えられているものも少なくない。

スェーデンのチョコレート会社などは、昔ながらのお菓子の包装紙のリニューアルで、ブランドの伝統を活かしつつ、ストライプなどの模様、紙質、形といったものに凝っている。見た目は凝っていても、開けるのは簡単にできるというものも求められています。力が弱い人でも簡単に開けられるものが人気となっています。

このように包装は私たちの生活に様々な場面で見ることが出来ます。そして環境とのつながりも少なからずあります。当サイトでどのように結びついているのか見ていきましょう。

包装いろいろ図鑑!容器だってリサイクル のトップへ